トップページ > 丸十パンについて

丸十パンについて

丸十という名前の由来

 甲府より東にある甲州市(旧塩山市)出身の「田辺玄平」さんが、明治34年アメリカに渡りパンに接して、日本との「食のカルチャーショック」を受けました。胃腸の弱かった彼は、パンが胃腸に負担の少ないことを知りパン作りを習得。明治44年太平洋の荒波にもまれ、日本へ帰ると早速パン屋を始めました。が、当時は冷蔵庫などない時代でしたから、パン作りに必要な酵母(イースト)は管理がとても大変でした。パン作りに励む傍ら、苦心に苦心を重ね、安定した酵母作りに大正2年に成功。従来のパンとはまるで違うおいしいパンで、アメリカで学んだパンよりいいものができるようになり、瞬く間に評判になりました。それを伝え聞いた新し物好きな創業者梅本静枝は田辺氏から職人を派遣してもらい、従業員に技術を習得させ開業しました。大正10年(1921)10月のことでした。
 この田辺さんの家紋が「丸」に「十」の字だったので、そこで修行し店を持った人が関東近辺にはたくさんいらっしゃいますが、ほとんどが「丸十」を名乗っております。
 現在は商標登録制になっており、組合員だけが使える商標となっております。

本 店

 1921年10月、当時としては珍しいイースト(酵母)を使った県内最初のパン専門店をオープン。食パン、あんパン、白あんパン、うぐいすあんパン、クリームパン、ジャムパン甘食なんかが当時のメニューであったかと思われます。
 当社人気メニューNo.1のレモンパンは昭和10年頃にはあったそうです。ですからもう80年以上変わらぬ人気商品です。
 第二次世界大戦中の物資の乏しい中を潜り抜け、現在四代目となっております。菓子パン食パンだけでなく、フランスパンを始め世界のパンを取り入れ、皆様の食を担う心構えで『おいしい』『安全』『健康』を目指しています。

竜王店

 1998年5月あまのパークス竜王店に出店。当時本店とは別の、トングによる販売形式を初めて取り入れました。メニューも本店の主力メニューはもとより、竜王店のみのメニューも揃ってお楽しみいただけます。パークスでお惣菜が決まったら、仕上げは焼きたてのフランスパンはいかがでしょうか。それだけで、普段の食卓が「晴れ」の食卓に変わります。パン職人によるパンの数々、飽きないことでしょう。

  

※全日本丸十パン商工業協同組合ホームページ  http://www.marujupan.net/